Top >  掲載作品 >  ドラゴンボール・Z・GT

ドラゴンボール・Z・GT

ロボットアニメについてたくさん書いているのに何ですけど、
私がいちばんよくみたアニメといえばドラゴンボールです。
放映期間が長かったこともあるでしょうけど、ま、単純に面白いですわな。
私が小学生のころに少年ジャンプで連載が始まったと思います。
ただ始まった当時はそんなに面白いとは感じなかった気がします。
これはおそらく、ドラゴンボール探しがメインになっていて、
バトルが中心ではなかったせいなのでしょう。
強い敵役がいなかったのです。ヤムチャは・・・うーん・・・・・・

やっぱり亀仙人のところに弟子入りして、クリリンとかと修行して、
それから天下一武道会に、というへんから盛り上がってきます。
そしてこのへんから悟空がどんどん強くなっていきます・・・

ドラゴンボールで有名な、強さのインフレスタートです。
まずは手始めにヤムチャが弱者の地位に追い込まれます。
以来ヤムチャはずっとやられ役の様な気がします。

ピッコロ大魔王が出てきますと、伝説の武天老師様も
あんなに強かった天津飯も弱者の地位へ。

しかしドラゴンボールZが始まると、
世界中を恐怖に陥れたピッコロ大魔王の戦闘力も、
サイバイマンの足許にも及ばないということになってしまいます。

その後、凶悪な強さを見せ付けるのはベジータですが、
ギニュー特選隊やフリーザが出てきますと、ベジータも引き立て役になってしまいます。
しかし「宇宙自体を破壊できる」と界王様に恐れられたフリーザも、
スーパートランクスに一瞬で消されてしまいます・・・

これが延々ドラゴンボールGTの一星龍まで続きますが、
そこはさすがに鳥山明さんです。似たようなパターンでもやっぱり面白い。
というか面白いパターンを外さなかったのがいいのでしょう。
水戸黄門みたいなもんです。

原作:鳥山明
1984年より少年ジャンプで連載開始

【U-NEXT】アニメを31日間無料で見てみる

【hulu】こちらは2週間アニメ無料

あわせて約1ヶ月半アニメが無料

 <  前の記事 人型ロボット  |  トップページ  |  次の記事 サイボーグとロボット  >