Top >  掲載作品 >  機動戦士ガンダムSEED

機動戦士ガンダムSEED

もうほんと、最近の作品ですね。
一応見たのですが、最近のものなのによく憶えていません。
たぶんパソコンいじりながら見ていたのが原因です。

キャラクターの構成としては新機動戦記ガンダムWに似ているかもしれません。
そうです美少年です。うーむ。
でも今回は敵側に美少年を集めているようです。

また、主人公のキラ・ヤマトとアスラン・ザラは
その筋では大人気だそうです。(どの筋だ)

そして平成ガンダムの中では最高視聴率をマークしたのでした。

さて、物語ですが、ことの始まりはどうも人種間の対立にあるらしい。
人種といっても人工的に作った人種と、自然な人種、
つまりコーディネーターとナチュラルとの対立です。
コーディネーターというのは遺伝子を操作された上で
生まれてきた人間で、生まれつき身体能力や知的能力が優れています。
いわば人工の天才ですね。
しかし天才は「天賦の才」だからみんな認めるのであって
これを人工的に量産してしまったらどうでしょうか。

おそらくこういうことは現在の科学でも可能なのでしょう。
これから生まれてくる子供がみんな生まれつき天才的な才能を
持っているとしたら我々はどう考えるでしょう。
「あーよかったよかった。難しい問題は彼らに任せて俺たちゃ楽隠居できるよ」
と思う人は少数派でしょう。
多くの人は妬みの気持ちを持ったり、さらには恐怖を感じたりして
コーディネーター排斥の運動が起こるかもしれません。

かの世界ではこんなことが起こってしまって、それが戦争につながってしまいます。
彼らが美形ぞろいなのは遺伝子操作されているからなんですね。
ナチュラルは彼らの美しい姿を見て、妬みを増幅させたのかもしれません。

それにしてもラクス・クラインの歌はヨカッタ。
それも遺伝子操作のなせる業なのか!?

監督:福田己津央
2002年よりTBS系で放送

シュベルトゲベール

【U-NEXT】アニメを31日間無料で見てみる

【hulu】こちらは2週間アニメ無料

あわせて約1ヶ月半アニメが無料

 <  前の記事 新機動戦記ガンダムW  |  トップページ  |  次の記事 無敵鋼人ダイターン3  >