Top >  突撃系 >  クロストルネード

クロストルネード

スピン突撃系なのですが、超電磁スピンと違いまして
回転軸を突き刺すように突撃するのではなく、
回転の側面を相手にぶつけていきます。
ガンダムシュピーゲルのシュツルムウントドランクに似ていますね。

破邪巨星G弾劾凰の主人公メカ、弾劾凰の必殺技です。
破邪大星のダンガイオーと区別する意味で
「弾劾凰」と漢字を当てています。

クロストルネードは開発当初から最後に繰り出すわざと考えられていたのでしょう、
弾劾凰の前腕がない状態で発動させます。
バーニングプレッシャー(要するにロケットパンチ)で
前腕部分をとばしたあとに、
残った腕の先からビームサーベルのようなプラズマカッターのようなものが
でてきまして、それを体の左右に構えてぐるぐる回り始めるんですね。
そして相手に突撃します。
だいたい敵はこれで粉砕されてしまいます。

使い勝手:C
破壊力 :A
男らしさ:B

前腕がなくなってから使うものですから
そんなに使い勝手はよくないでしょう。
突撃系で男らしさは高いと思うのですが、
パイロットの空也くんがいまいち豪快ではないので・・・
サブパイロットの仁美ちゃんのほうが男らしいです。

レッスン

基本的に修行法はシュツルムウントドランクと同じでいいと思います。
まさか生身のざ前腕部をふっとばしてスピンするわけにはいきませんから。
シュツルムウントドランクと違う点といえば
高くジャンプできなければならない点でしょうか。
ジャンプ力も是非鍛えてください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 サイキック斬  |  トップページ  |  次の記事 ビームシザース  >