Top >  必殺蘊蓄 >  男らしいアニメソング

男らしいアニメソング

アニメソングも変わりましたねぇ。
昔はわかりやすいアニメソングが多かったのですよ。
主人公の名前を連呼したり。例えば、
「カムヒヤ~、ダイターンスリ~、ダイターンスリ~」
「銀河へ~向かあって~、飛べよ~ガンダ~ム」
必殺技の名前を連呼したり。例えば、
「い~まだ~出すんだ~ブレストファイヤ~」
「ひっさつパワァア~、サンダーブレーク~」
そして歌詞もメロディも単純で憶えやすく、
それでいて気分を高揚させるものが多かったんですよね。
歌っている人もいわゆるアニソン歌手で。

でも最近のアニメソングというと、普通の流行歌と変わらなくなりましたね。
歌詞もメロディも難しかったりして。
歌う人も一般的な歌手でアニメソング専門というわけじゃありません。
そしてこれはこれでいい曲が多いのです。
でもなんだか子供向けじゃなくなりましたね。
子供より大人がアニメを見ているってことなんでしょうか。

でもやっぱり昔風のアニメソングも必要だと思うのですよ。
子供にとって。
子供はアニメを見るたびに主題歌を聞かされるわけですね。
そしてそれが無意識の層に刷り込まれるわけです。
それが今風のわけわかんない歌詞や深刻な歌詞ばかりだったら
その子供はどうなっていくのだろうかと。

昔風の単純に盛り上がる歌も必要だと思うんです。
なぜなら、子供のころ熱心に見たテレビ番組の主題歌が、
大人になっても自分のテーマソングになっていることが多いからです。
え、多くないですか?
なんだか気分が落ち込んだときに、頭の中でその音楽が流れ始めて、
気分を高揚させるとかできるんですよ。昔の単純なアニメソングなら。
私なんかいい年して
頭の中でグレートマジンガーのテーマが流れることがよくあるんです。
あしたのジョー2もよくあります。

しかし最近のアニメソングだとさらに気分が沈んだりします。
全部がそうじゃありませんけど。

昔風の単純でわかりやすいアニメソングの復権希望。
ということで「勇者王誕生!」万歳!
「叫べ! 炎のエヴォリュ~ダ~」

スポンサードリンク

 <  前の記事 ゴッドハンドスマッシュ  |  トップページ  |  次の記事 ヘルアンドヘブン  >