Top >  格闘系 >  シャイニングフィンガー

シャイニングフィンガー

もちろん機動武闘伝Gガンダムの主人公機、シャイニングガンダムの必殺技です。

ガンダムシリーズというのは元来、リアル路線というのがありまして、
話に出てくるロボットもなるべく現実にありそうなデザインにするという
方針がありました。
これはガンダム以前のロボットアニメと一線を画するためのものだったのです。

ところがそれをぶち壊したのがこのシャイニングガンダム。
まあ、ロボットアニメの先祖返りをしたともいえるんですが。
とにかくガンダムがたくさん出てくるだけでも驚きなのに
ガンダム同士が殴り合ってるじゃありませんか!
これにはファーストガンダム以来のファンである私は度肝を抜かれた。
冗談じゃないかと思った。
実際ファーストガンダムのファンでGガンダムに反感を持った人は多いようです。

私は違いました。性格が単純ですから。もうあの熱血度にやられました。
「おお、ガンダムなのに技の名前を叫んでる!」
「おおお、生身でモビルスーツ破壊してる!!」
もうこれだけで萌えます。いや燃えます。

さて、ガンダムが殴り合っておるだけでも驚きなのですが、
さらに必殺技で驚きました。
殴るのか? 蹴るのか? スピンして突撃か? と思っていたら・・・
相手の頭を掴んだじゃありませんか!
それがシャイニングフィンガー。
モビルファイターの手をエネルギーで包み、
その輝く手で相手の頭部を掴んで握りつぶします。
ま、生身でやると凄惨ですが、ロボットなのでOKです。
打撃ならぬ握撃ですね。花山薫です。

そしてこの技を出す時にはかなり長めのセリフを言わねばなりません。
「俺のこの手が光ってうなる! おまえを倒せと輝き叫ぶ!
 必殺! シャァァァァイニング、フィンガアアアアア!!!」

使い勝手:A
破壊力 :B
男らしさ:S

近接攻撃であること。相手を握りつぶす技であること。
見た目が格好よいこと。そしてセリフ・・・
ということで男らしさは最高点です。

レッスン

とりあえず握力を鍛えましょう。
同時に気功の修行もして、自分の右手に気を集中できるようにしましょう。
たとえマスターしたとしても、生身の相手の頭部を掴むのはオススメできません。
そんなことしちゃヒーローには見えませんよ。
せめて腕とか脚にしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 グラビトンハンマー  |  トップページ  |  次の記事 サンアタック  >